フラれてしまった悲しみ

2018.09.06

悲しい女性

大好きだった恋人にフラれてしまったら、あなたはどんな感情を抱くでしょうか。まずは、「こんなにも恋人のことを大事に思って、深い愛情を捧げてきたのに、なぜ恋人は自分の気持ちを拒絶するのか」「なぜ自分の深い愛情が理解できないのか」と怒りが湧いてくるかもしれません。フラれた理由が「他に好きな人ができた」などと言われたのなら、その相手に対しても怒り、憎しみが湧き上がるでしょう。それを我慢できずに、恋人を怒鳴り散らして、ますます恋人の気持ちを離れさせてしまう人もいるかもしれません。

そして同時に、悲しみが浮かんでくるはずです。拒絶され、捨てられてしまった今のひとりぼっちの状態が寂しくて、悲しくて、泣けてくるでしょう。「こんな自分を愛してくれる人との出会いなどもう二度とないのではないか」と、悲観的になってしまうかもしれません。散々怒り疲れ、泣き疲れた後、最後にやってくるのは絶望感でです。「愛した人に見放されてしまった、もう生きている意味がない」などと落ち込み、未来に希望を見出せなくなってしまう人もいるでしょう。

しかし、とことん怒り、泣いて、気持ちがどん底まで落ちたら、後は上がっていくのみです。人はフラれても死にません。焦らず、心身をゆっくりと回復させましょう。一日一日、少しずつですが、痛みや悲しみの衝撃は和らいでいきます。無理に感情をコントロールしようとしなくても、あなたには幸せになれる道がいつか見つかります。そう信じましょう。

男女のホンネ教えちゃいます!感情のコントロール法 > フラれてしまった悲しみ