緊張しているのはお互い様

2018.05.25

緊張する二人

「好きな人に、どうやって声をかければいいのかがわからない」という恋の悩みは古今東西、変わらない永遠の課題です。片思いの相手だけでなく、合コンなどの出会いの場で、気になる異性と出会った時も、「どのタイミングで声をかければいいのかわからないし、答えてもらえなかったら…」と拒絶を恐れるあまり、なかなか声をかけられないという人も少なくないでしょう。

どちらのケースにしろ、好意を抱く相手に声をかけられない最大の理由は「緊張するから」ではないでしょうか。仕事で初対面の相手に声をかけなければならない場合、「嫌だな、苦手だな」と思っていても実行できるのは、緊張よりも仕事だと割り切れるからです。が、その相手が意中の人となると、「失敗=失恋」というプレッシャーから緊張してしまい、行動する勇気が出なくなってしまうのです。

しかし、出会いの場ではそのプレッシャーは相手も同じだと言えるのではないでしょうか。お互いに相手を求めて参加しているのですから、ちょっと緊張をほぐしてあげられれば、お互いの目的は一致し、スムーズに会話もできるはずです。では、どうすれば相手の緊張をほぐすことができるのでしょうか。

大切なのは相手を受け入れる、穏やかな笑顔で接することです。相手と目が合った時に、ぼんやりした真顔でいたら、自分に興味がないのかと呆れられかねません。初対面同士の場で、緊張している時に自分に笑顔を向けられると、誰でも安心し、その相手に好印象を抱くものです。自分を受け入れてもらおうとするのではなく、まずは相手を受け入れる笑顔を忘れないようにしましょう。

男女のホンネ教えちゃいます!声をかけるコツ > 緊張しているのはお互い様