目が合った時にどうすべきか

2018.04.18

微笑む女性

今では街コンや婚活パーティーなど全国各地で男女の出会いを演出するイベントが開催されていますが、実際そのような場で気になった相手に声をかけるタイミングがつかめず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。「相手と目が合っても、話しかけようとすると逸らされてしまった…」「とにかく誰かと目を合わせようとして、ついキョロキョロしてしまう」なんて状態では、相手を見つけるどころではありません。

実際、誰かの気をひこうとする場合、まず目を合わせることは大切です。ですが、それだけでは話に応じてくれない人もいるでしょう。重要なのは、ただ目を合わせるのではなく、そこでにっこりと笑顔を見せることです。そうすると相手はその視線が自分へ向けられたものであると意識し、目を逸らしたりしないはずです。視線が合ったのに応じてもらえなかったというパターンは、緊張していて、うまく笑顔を作ることができていなかったのではないでしょうか。

気になる相手を見つけたら、まず笑顔で傍へ歩み寄りましょう。相手がこちらに気づいて目を合わせる際、にっこりと笑顔を見せます。出会いの場では、誰でも少なからず緊張していますから、同じ参加者から笑顔を向けられると安心するものです。相手の意識を引きつけるため、まずは自然な笑みを浮かべるよう心がけること、そして「よければお話させてもらえますか」と、柔らかく丁寧な言葉で声をかけることを心がけてください。そもそも出会いの場に限らず、好印象を持ってもらいたい相手と話す際には、常に笑顔でいることを意識すべきでしょう。

男女のホンネ教えちゃいます!声をかけるコツ > 目が合った時にどうすべきか