堅すぎない言葉遣いを心がけて

2018.04.02

話し方

婚活パーティーや合コンなど、出会いの場では、第一印象が全てです。そこでまず相手を判断する要素となると、会話でしょう。初対面同士の会話では「堅すぎない敬語」を意識するのが大きなポイントです。

人にもよりますが、大抵は初対面にも関わらず馴れ馴れしく話しかけてくる人や、お互いのことを知りもしないのにズカズカと踏み込まれるのを嫌だと感じるものです。例え、相手への親しみを込めて話しかけていたとしても、くだけた言葉遣いを受け入れてくれる人かどうか、初めての会話ではわかりません。出会いの場は、敬語を使った方が無難ですが、堅苦しくなり過ぎても逆効果なので、堅すぎない程度の丁寧な言葉遣いがいいでしょう。ここで大切なのは、堅すぎないことであり、ぞんざいにならないよう気をつけてください。

過去に出会いの場に積極的に参加してきたけど恋人ができなかったという人は、一度自分の言葉遣いや振る舞いを振り返ってみてはいかがでしょうか。そして、どうすれば相手に警戒させたり不快感を与えたりしないかということについて考えてみてください。相手の気持ちを考えるのは、好印象を与える上で欠かせないことです。いきなり馴れ馴れしい態度で接すれば、それだけで相手はあなたに悪い印象を抱くでしょう。声をかけるタイミングを計ることはもちろん、その時にどのような言葉を使えば成功率が上がるかを考えるべきです。相手に受け入れてもらいたいのなら、まずは自分がどのようにアプローチすべきかをわきまえましょう。

男女のホンネ教えちゃいます!声をかけるコツ > 堅すぎない言葉遣いを心がけて