迷っているなら一度は結婚

2016.08.15

花嫁

「何がなんでも、絶対に自分は結婚するつもりはない!」、そこまでの強い意思を固めている独身者は、それほど多くないと思われます。「別にしなくても良いかなぁ」「何となく…どっちでもいい」「しないほうがラクそう」くらいのラインにいる人のほうが多いのではないでしょうか?

もしも、少しでも「結婚もいいのかなぁ」という気持ちが心にあるのなら、ぜひ出会いを求めて飛び込んでみることをおすすめします。昔から、親や近所のお節介なおばさんから「あんたまだ結婚してないの?いくつになったの?」などと説教され、ますますその気がなくなっていく人は多いものです。それは、親が子どもに「勉強しなさい!」と言うのと似ています。どちらも「あんたの将来のためを思って」という点で共通しているのです。

実際、人はその渦中にいる時、自分の状況を俯瞰して見るのは非常に難しくなります。人生の中で、今どのステージにいるのか、何をしたほうが良いのか、そのまっただ中にいる人には分かりにくいでしょう。親は、自分がそのステージを越えてきて、子どもの人生を客観的に見ているため、ある意味では貴重なアドバイスをしているともいえるのです。「当時はよく分からなかったけれど、勉強して良かった」「結果的に感謝している」と思うことが、誰にでも1つはあるのではないでしょうか。

結婚もそうかもしれません。特に女性は、出産というリミットがあるだけに、後から選択し直すのが難しい現実があります。万が一バツイチになっても、それはそれで人生の経験。迷っている人は、一度トライしてみてはいかがでしょうか?

男女のホンネ教えちゃいます!結婚ノススメ > 迷っているなら一度は結婚