弱さを見せることも大切

2015.11.16

悩む男性

初対面の人と会うときには、ほとんどの人が緊張しているはずです。しかし、緊張していることがばれると恥ずかしい、相手に弱さを見せたくないといった気持ちから、その緊張を隠そうと努力ししまう人も多いでしょう。

確かに、初対面の人に対しても自信に満ちた態度で、スラスラと話せる人は魅力的に見えるかも知れません。しかし、特に男女間の出会いに関して言えば、緊張を隠せば良いというわけでもないようです。緊張を隠そうとすると、どうしても次から次に話をしなくてはならないと思ってしまうでしょう。

これは、第一印象としてはあまり良い印象を与えません。自分のことばかりを話そうとする人、という印象を相手に対して与えてしまいますので、必要以上に自分から話をするのはNGです。ただし、お互いにいつまでも話をしないというのも不自然な空気を生み出す原因となります。そこで、一つのコツとしては、先に自分が緊張しているということを相手に伝えてしまうという方法が有効です。

第一印象は最初の10秒程度で決まってしまうと言われています。そのため、出会いの瞬間には視覚から得られる情報が非常に重要となります。そして、その次に挨拶、さらに会話という流れになります。会話のスタート時に好印象を与えるためには、先に「緊張していて、すみません」といった緊張しているというアピールをしておくと良いのです。おそらく相手も同じように緊張しているはずですので、相手のリラックスを誘う手段にもなります。

さらに、自分から弱い部分を見せる人に対して、人は悪い印象を持つことはありません。むしろ、男女間の出会いにおいては、とても素直な人、飾らない人といった好印象を与えるケースが多いのです。少しゆとりがある場合には、「想像していたよりも綺麗な女性だったため」、「あなたが落ち着いた印象だったので」といった理由をつけ加えておくと、より好印象を与えることが出来ます。無理に緊張を隠そうとしてしまうと、威張っている態度に取られてしまうこともあります。そうなるぐらいなら、第一印象を良くするためにも、自分と相手の緊張をほぐすためにも、緊張しているという弱みを最初に明かしてしまえば良いわけです。最初にこの告白をすると決めておけば、会話の糸口としても役立つでしょう。緊張のあまり何を話せばよいのかわからない、という場合には、まず緊張しているというトークを選ぶようにしましょう。

男女のホンネ教えちゃいます!第一印象で異性の心をつかむコツ > 弱さを見せることも大切