印象は半分以上が視覚によるもの

2015.11.10

相手を見る目

その人が良い人かどうかは、目を見ればすぐにわかるといった話をよく耳にします。実はこれは本当のことで、ある心理学者の研究によると人同士のコミュニケーションでは、相手の情報を得る際に約半分以上が視覚に頼った情報となっていることがわかっています。視覚情報の次に重要なのが聴覚からの情報となり、その割合は約4割となっていますので、人に対する印象は視覚と聴覚でほとんど決まっているということになります。

視覚情報というのは要するに見た目のことで、顔の作りやスタイル、そして表情や服装などが含まれています。人間は外見で判断できないなどど言いますが、実際には外見がその人を判断するための情報として大きく作用しているのは事実なのです。もちろん付き合いが長くなってくると、その人に関する内面的な情報の量が増えます。そのため、外見よりも話の内容などで相手を判断することが増えてきますが、男女の出会いという点で考えてみると外見はとても大事なのです。

例えば、女性が初対面の男性と出会う場合には、相手を初めて見てからの4秒間でその男性に対する第一印象を決定してしまうそうです。そしてその4秒間で感じた第一印象は、その後の付き合いにも大きく影響します。どれだけ付き合いを重ねて色々な話をしても、4秒間で作られた第一印象は消え去ることはないのです。一般的には4秒間の第一印象が3年間は持続すると言われていますので、出会いからつきあい始めの3年間を左右しているのは、ほとんどが第一印象だけだと言っても過言ではないでしょう。

そのため、男女の出会いにおいては第一印象が非常に重要なのです。この第一印象を良くできるかどうか、ということが恋人が出来るかどうかを大きく左右します。色々な出会いの場に出かけていっても、どうしても交際に発展する相手が見つからないという人は、第一印象が良くないという可能性が大きいのです。「自分は外見でなく中身で勝負するタイプ」だと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、その考え方では出会いのチャンスを無駄にしている可能性もあります。まずは見た目で勝負、それから中身で勝負するという順序を守ることが、出会いをものにするためのコツだと言えるでしょう。そのため、外見を磨いておくことは非常に重要です。ファッションやスタイルはもちろん、表情にまで気を配ることができれば良い第一印象で多くの出会いを楽しむことが出来るようになります。

男女のホンネ教えちゃいます!第一印象で異性の心をつかむコツ > 印象は半分以上が視覚によるもの