愛川欽也とうつみ宮土理

2015.10.22

車を運転する

「キンキン」の愛称で呼ばれる愛川欽也と「ケロンパ」の愛称で呼ばれるうつみ宮土理の出会いは、共に司会をしていた音楽番組でした。2000年にはナイスカップル賞で受賞し、2005年11月22日の「いい夫婦の日」には、「パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたふたりが結婚したのは1978年でした。愛川欽也はうつみ宮土理と結婚した前日に、前妻と離婚しています。

前妻とのあいだには一男一女の子供がいて、長男は俳優の井川晃一で長女は女優の佳村萌です。愛川欽也は最初声優としてデビューし、その後深夜番組だった「11PM」の司会を大橋巨泉とともに務めたことから、司会者として活躍します。

愛川欽也が一躍世に知れたのは、菅原文太が主演の映画「トラック野郎」で、菅原文太が演じるトラック運転手星桃次郎の相棒役やもめのジョナサンでした。 この映画「トラック野郎」の企画を、東映に持ち込んだのは愛川欽也でした。電飾で飾ったトラックを運転する星桃次郎と、やもめのジョナサンが織り成すドタバタ劇で、最初は東映もまったく乗り気でなく、企画から撮影まで含め製作期間がわずか2ヶ月の低予算で製作された映画でした。ところが8億円の興業収入を売り上げ、「トラック野郎」はその後シリーズ化されます。

結婚後も妻とともに順調だった愛川欽也ですが、副業で始めて飲食店がすべて3ヶ月で倒産したり、2007年には愛川欽也が28歳の女性との不倫が発覚します。しかしこの時妻のうつみ宮土理は一言「あんたカッコいいじゃん」と愛川欽也をかばいました。えらい!

男女のホンネ教えちゃいます!男女の出会いと理想のカップル > 愛川欽也とうつみ宮土理