船越英一郎と松居一代

2015.10.20

ペンチ

「サスペンスドラマの帝王」と呼ばれる船越英一郎と女優の松居一代の出会いは、松居一代が自分の息子と船越英一郎は前世では親子だったとの思い込みでした。

松居一代は1986年にDCブランドの経営者と結婚し、1989年に長男を出産しますが1996年に離婚します。さらに離婚後に住んでいたマンションの天井が水漏れし天井が落ちたり、長男のアトピー性皮膚炎や自身の顔面神経麻痺などとトラブル続きでした。

そんな時松居一代はテレビを見て、突然再婚相手は船越英一郎しかいないと思い込みます。2001年に船越英一郎と松居一代は結婚しますが、船越の家族はこのふたりの結婚を許してくれず、船越の家族は誰一人結婚式にも出席しませんでした。

それでも結婚後は理想のカップルと呼ばれ、夫婦ふたりでのバラエティ番組への出演依頼が増えています。たしかに理想のカップルかもしれませんが、個人的には松居一代は潔癖症なのか怖い感じがします。

特に松居一代が2009年放送の「ごきげんよう」で、船越英一郎の帰りが遅くてイライラしていた松居一代が、船越のオーディオルームにあったコンセントのコードをハサミで切り裂いた話や、「踊るさんま御殿」では京都での撮影のため仕事で自宅に居なかった船越英一郎の携帯電話を見て、京都の舞妓さんや芸子からの多くのメールに激怒し、船越英一郎の目の前でその携帯電話を折った話や、携帯電話を鍋で煮た話にはさすがに引きました。

男女のホンネ教えちゃいます!トップページ > 船越英一郎と松居一代