肌のぬくもりを愛する恋愛

2015.7.10

肌を重ねる

人を好きになって優しい言葉が欲しいとか優しい仕草が欲しいとか思うのは当たり前のことだよね。女性は特に「愛している」とか「キレイだよ」なんて言葉に弱いから。日本人の男性はほとんどそんな言葉を口にすることはないから女性たちの不平不満がマックスになるんだろうけど…。私も若いころはやっぱりそんな言葉を望んでいたんだよね。言葉にしてもらえば安心することが出来るから。

何度かの出会いと別れを繰り返し感じていることはそうじゃないってこと!肌の相性って信じる?結婚してから気づいても遅かったんだけどね…。「亭主元気で留守がいい」なんて若い頃にはあり得ないと思っていた。それが今となっては元気に働いてくれることがいちばんなんて思っている。

優しい言葉も仕草もいらない。夫の肌に触れてみても何も感じないし安らがない。抱きしめて欲しいとも思わなくなる。時がそんな風に気持ちを変えて行くのかなぁ~なんて思ってみたり最初からホントに好きだったのかな?とまで考えちゃうぐらいだよ。だって今はホントにやすらげる肌のぬくもりの相性があるってことを知っちゃったから…。手のぬくもりや抱きしめられたときのぬくもりはいくつになっても安心するものなんだなぁ~って他の人で知っちゃった。それは現実を見なくて良いからかも知れない…。

それでもその肌の安らぎが私の全てで毎日の活力になっている。今は素敵な大切な出会いに感謝するだけ!

男女のホンネ教えちゃいます!十人十恋・同じ恋なんてない! > 肌のぬくもりを愛する恋愛