気を使うのではなくマナーを

2015.6.15

食事のマナー

出会いの場で外れと思われたくない。そのためについつい気を使いすぎてしまう。結局その場ではお調子ものか、世話焼女に思われただけで、結果外れ者になってしまっている。こういった方もかなり多いかと思います。

相手に気を配るというのは、とっても大切なことです。思いやりは恋人関係になった時にも、長続きする秘訣となってきます。しかしそれだけで終わるのは残念至極。ではどうすれば良いのか?

答えはあまり意識しすぎず、あくまでも人としてのマナーを踏まえておくと上手くいきやすいです。こういう事を言うと、相手は傷付くかな? こういう事をすると、嫌な人間に見えないかな?まずはこうした基本的な部分を、一度思いとどまってから発言なり行動なりをしていくようにしましょう。シンプルではあるのですが、こうした人間的なマナーができていないが故に、即外れと認識されている事が非常に多いです。

本来であればこうした基本的なマナーというのは、小中学生の段階で学ぶべきこと。しかし気心の知れた友達との合コンや、友達による紹介での出会いでは、ついついこうした部分を忘れてしまいがち。自分らしさを出しすぎてしまう。それ故にマナーを忘れてしまう。

このパターンで失敗している男女が多すぎるので、まずは自分の足元を見つめていく事から始めてみてください。特に女性の場合は、ぶりっ子している女が嫌だ!という性格から、最初から全開で自分を出していく子も少なくありません。過剰に好かれようとする必要はありませんので、せめて嫌われないように注意するという意識を持っておきましょう。

男女のホンネ教えちゃいます!『はずれ』と思われてしまう人へ > 気を使うのではなくマナーを