悪口を言う必要性がない

2015.6.11

内緒話

出会いの場で絶対にNGなこと。それは人の悪口です。男女の出会いの場では、お互いに共通点を模索しようとしているシーンがほとんど。特に普段から"外れ"と思われている人ほど、躍起になって共通項を探している事が多いはず。

人間は好きなものより、嫌いなことについて話している時の方が、連帯感が生まれやすいと言われています。共通の敵を認識する。敵の敵は味方。非常にシンプルではあるのですが、集団生活が基本となっている人間にはこういう習性があるのです。

しかし現代社会において、悪口というのはあまり良い印象を持たれない事がほとんど。人の悪口を言う人=自分の悪口を言っている可能性が高い人こういう見方をされるケースが非常に多いのです。実際にその通り!という人も多いでしょう。

出会いの場において、基本的に悪口ばかりを言っている人は、それだけで"外れ"と思われてしまう事も少なくありません。特に男性が女性を見る時には、こう思われてしまう事がほとんど。女性同士だと、悪口で連帯感が生まれる事はよくあります。そのせいか、ついつい男性がいる前でも同じノリで悪口を言ってしまう。そのノリが嫌われている。ここを十分に理解しておく必要があります。

別に人や物の悪口を絶対に言うなという事ではありません。その時の流れもありますからね。しかし基本的にそうした後ろ向きな雰囲気よりも、明るい話題を積極的に振れるようになると、純粋に楽しい人、良い人という印象を抱かれやすくなります。わざわざ自分から悪口を言う必要性がないという事は、必ず念頭に置いておきましょう。

男女のホンネ教えちゃいます!『はずれ』と思われてしまう人へ > 悪口を言う必要性がない