モテるメールテクニック

2015.5.1

メールを考える女性

■男女で違うメールに対する思い入れ
しばらくメル友的な関係を続けて仲良くなってきたところで、これから相手の異性に急接近して関係を進展させて親密になりたい、と思っているときに必要になってくるのが口説くテクニックでしょう。実はこのメールというものは、男女で気持ちの思い入れが多少違うようです。

普段のコミュニケーションや会話の質でもよく話題になるのですが、基本的に一般的な男性はメールを連絡手段と捉えている傾向が強くあるのです。男らしい男性ほどチマチマと指でボタンを押さなければならない携帯メールは、「面倒くさい」と感じるようで、返信も送らない人もよくいるようです。そして、女性の間では「彼氏が全然メールの返事をくれない」などという悩みをもつ人も多いでしょう。そのために、「何で返信してくれないの?」と相手を責めて、せっかくの恋を自らが潰してしまったりするようです。

■相手を真似たメールを送る
女性と男性とでは、メールに対する感情の重みが違うのです。
そんな男性へ送る、モテるメールテクニックとしては、メール文の長さや短さなど、内容も相手からのメールを真似た文章や内容にしたりするのです。すると、「何かこの人とはフィーリングが合う気がする」などと男性は感じてくれること間違い無しでしょう。出会いや恋愛において、フィーリングが合うというのは凄く大事な要素なのです。

そのため、ここを押さえるとポイントが高くなります。よく芸能人などの離婚の原因に「フィーリングが合わなかった」とか、「性格の不一致」などが挙げられていることからも、証拠として納得できると思います。そして、相手の好みのタイプに合わせることも大事なのです。
 
初対面で気に入った男性とメルアド交換をしてもすぐに返事が途切れてしまう人や、大好きな彼とメールは交わすけれど、なかなか返事が来ない人は、本人の外見や内面的な問題よりも、自分が送信したメールに問題があることも考えられるのです。なので一度、送信済みのメールを読み返してみることも、モテテクを磨くよいチャンスになります。

メールは電話と同じようにコミュニケーションツールのひとつですので、相手と交わす言葉や内容にもマナーがちゃんとあります。そして、相手の心を動かすテクニックだってちゃんとあるのです。

男女のホンネ教えちゃいます!携帯メール利用の恋愛術 > モテるメールテクニック