踏み出し方も人それぞれ

2015.4.8

指輪と共にプロポーズ

■人それぞれ
長い間付き合っている恋人がいて、結婚するタイミングが分からずそのままズルズルいってるカップルって、結構いると思うんです。確かに「結婚」となると、すぐに判断はできませんし、最近はこういう傾向から「授かり婚」が多いことも事実ですね。

交際しているときに、「この人と一緒に生活したいなあ」と思っていれば、自然と相手もそう思っていることが多いです。長年一緒にいるならなおさら、将来も二人で過ごしたいという空気が、二人の間には漂っているはず。

男性側からすると、プロポーズの瞬間というのが何よりも一番緊張するとは思いますが、女性は結構憧れを抱いていることが多いですね。「いつか結婚したいねっていう話は前からしてたんで、とくに何も言われなかったし、何も言わずになんとなく流れで・・・」っていう淡白なカップルもいれば、素敵なシチュエーションを計画してプロポーズされたりなど、さまざまです。

■言葉にすることの大切さ
でも、考えてみてください。付き合うのも結婚するのも、やはりきちんと言葉にすることで気持ちが切り替わると思いませんか。女性側としても「今から彼氏彼女の関係になるのね」「私この人と結婚するんだ」と思う事で、今後の気持ちが変わります。

男性側も伝える事で、これから先のビジョンが明確になることでしょう。なあなあで始まって付き合い、結婚してしまっては、一緒にいるからそのままずるずると結婚してしまった、と思われかねません。自分の決意と彼女の人生を預かるという覚悟で、改めて彼女に伝えてみましょう。

男女のホンネ教えちゃいます!結婚を決めた彼彼女の行動 > 踏み出し方も人それぞれ