男が結婚を決める時3

2015.4.7

同じ価値観で話

■同じ価値観だと感じた時
「価値観」って男が結婚を考える時の重要なキーワードのひとつです。性格は違っていても、いいと思うものが同じだったり、笑いなどの感覚のツボが同じで共に楽しめる価値観を持っている女性。

例えば、「枕は踏んではいけないもの」など子供の頃から身についている、ささやかだけど具体的な価値観が似ている女性。何にお金をいくら使うか?どんな風に使うか?経済的な感覚が近い女性。男性は価値観が同じだ、似ていると感じたその時から結婚を意識しはじめ、一緒に生活したいとその後の幸せな結婚生活を予感するのです。結婚のビジョンが見えない場合は将来のイメージが難しいのでしょう。

■自分を大切にしてくれる家庭的な女性
「家庭はくつろぎの場」「妻は家庭のマネージャー」ソツなく上手に世話をしてくれる女性は、日本の男性には根強い人気です。特に30代独身男性は、そろそろ落ち着いた暮らしをして仕事を一生懸命やろうという年齢。話題の合う同世代と地に足をつけた暮らしもいいなと思うようになります。

それまで年下の彼女との付き合うことが多い男性はなおさらでしょう。、大人で家庭的で面倒見がよい彼女との出会いと身を固めたいタイミングがうまく合った時、スムーズに結婚に踏み切れるようです。バリバリ仕事をしている女性の以外に家庭的で面倒見がよい面にも弱いみたいですね。

■自立した大人の女性は自慢の妻像
今どきの男たちは、精神的、経済的に自立した女性を選ぶ傾向にあります。「俺についてこい」タイプの男性は減少。代わりに徐々に増えつつあるのがキャリアを積んで培われた人間性、尊敬できる優秀な女性を選ぶ男たち。頼られることを負担に感じる人が多く、扶養意識も希薄。

特に30代独身男性は男女平等意識が強く、女性に対し、精神的、経済的な自立を望んでいます。男性は、人生の楽しみ方を彼女から教わったり、彼女の一言が的確なアドバイスだったりすることで、この女性と一緒だと人生が豊かになりそう・・と結婚を意識。彼女に選ばれたことで男としての株があがる。仕事も生き方も尊敬できるカッコいい30代女性はエリート男性たちの「自慢の妻」像なのです。

男女のホンネ教えちゃいます!結婚を決めた彼彼女の行動 > 男が結婚を決める時3