女性が結婚を決めるポイント2

2015.4.2

寄り添う夫婦

■相手の影響を自然と受けているとき
友人や同僚と会話をしているときに、自分が言ったことが以前に自分の彼氏が話していたことだったりすることがあります。また自分の趣味や行動、好みが、いつの間にか彼氏に似てきていることがあります。カレの影響を自然と受けているとき、女性は結婚を決めるときです。影響を受ける男性というのは、容姿や性格など関係ありません。

例えばハンサムで話が上手な男性との出会いでも何も感じなかったり、目立たなくて口下手な男性なのになぜか影響を受けてしまうことがあります。これは、女性がその男性のパワーに包み込まれていると言えます。パワーとは、男性の魅力のすべてを言い、行動力に出てきます。パワーの感じる男性は、欠点を補い幸せを運んでくれるでしょう。

■相手と自然体のままでいられる
結婚をするということは、もともと他人である男女がひとつ屋根の下で一生一緒に生活するということです。いくら理想の相手と結婚できても、本当の自分の姿を見せることができず、自分の家なのに、リラックスできないのでは、結婚生活もつらいものになっていしまいます。自然体のままで男性といられることは、結婚を決める大切なポイントです。

結婚後も自然体のままでいられるようにするには、交際している間に、自分の素顔も相手に見せ合う必要があります。素顔を見せ合うということは、お互いのマイナス面も見せ合うということです。欠点をお互いに受け入れ、カバーし合っていくことは大切です。

また欠点が気にならないというのは、それだけ相性が良い証拠です。価値観の違う面や意見の相違が出てきたとき、お互いに理解し合い、意見を尊重しながら解決していったり、お互いの不足しているところを補い合い、向上していく関係になっていくようであれば、自然といつもの自分でいられる環境になっていくのではないでしょうか。お互いに気を遣わず、自然体のままでいられる結婚生活を想像し、違和感なく受け入れられたときが結婚を意識するときです。

男女のホンネ教えちゃいます!結婚を決めた彼彼女の行動 > 女性が結婚を決めるポイント2