初デートで失敗しない方法

2015.2.1

足を組む女性

【初デートで失敗しないためのポイント】
せっかく出会い、やっとデートまでこぎつけたのに、1回目のデートで失敗してしまって次が続かないという悩みをお持ちではありませんか?そういう時は、ほとんど初デートの時の会話で失敗していることが多いのです。

男性にとって厄介なのは、デート中、女性の観察眼はとても鋭いということでしょう。デート中に緊張しすぎて、どんな話題を振ったらいいのかあたふたして挙動不審になっていると、自信のなさが見抜かれてしまいます。逆に気が緩みすぎても、これまた女性に見抜かれてしまいます。あくまでもデートは自然体で臨んでほしいのですが、最低限は自分をコントロールした方がいいでしょう。デートで何を話すか?よりも、「どう話すか?」に気をつけましょう。つまり、あなたの立ち居振る舞いのほうが、大事なのです。

それではデートで緊張しているとき、気が緩みすぎているとき、気をつけなければいけない重要なポイントを押さえておきましょう。まず、初デートでの会話中、自分が緊張している、と思ったら、以下のことをしていないかチェックします。

■貧乏ゆすりをしていないか、そわそわしていないか
■早口になっていないか
■あるいはしゃべっているときに噛んでないか
■デートの相手と目が会った瞬間にそらしてしまっていないか

次に、自分の気が緩んでしまっている時にチェックしておくべことです。デートしながら、少しでも、「この子は俺に気があるかも?」と思ってしまうと気が緩みます。自分をコントロールしてください。

チェック項目は次のとおり。
■あからさまに下ネタを言って相手を不快にさせていないか
■胸元、足をなめるように見てしまっていないか
■甘えてしまっていないか?
■自分のことをべらべらしゃべってしまっていないか?

自分だけ心を許してしまって甘えようというのは、女性には不快にしか感じられません。出会いたての関係では、時期尚早だと理解しておいた方がいいでしょう。またあまり自分のことばかりをしゃべるのは、言葉のキャッチボール、会話にはなりません。最初の2点は、初デートでは論外。女性に嫌われるだけです。

男女のホンネ教えちゃいます!デートで好感度を増すために > 初デートで失敗しない方法