絶対NG!!なメール

2015.1.2

険しい顏の女性

男にはいいけど,女の子には送ってはいけないメールがあります。男と女。いつの時代もこの出会いは良くも悪くも様々な形で存在します。良好に見える男女関係も一寸先は闇であったありすることもしばしばあります。仲良くデートやメールを積み重ねていたとしても、1つのメールを機に彼女との関係が悪化してしまうこともあります。男同士ではOKなメールでも女性に対して送ってはいけないメールがあるのです。では、どんなメールをしてはいけないのでしょうか?代表的な3つのメールを挙げてみましょう。

■否定的な「butメール」
彼女のメールに対して「でも」や「しかし」ばかりで対応する否定的なメールです。やはり同調して自分のサイドにいて欲しいと思うのが女性の特徴なので、「but」の意味合いのある言葉やお説教は典型的なNGメールとなります。会話でもこうした単語を使う人と話をしていてつまらないと感じることもあるのではないでしょうか?メールも同じことなのでやめておきましょう。

■長文過ぎる「ダラダラメール」
ブログや日記のようなメールで、要点をおさえずダラダラと書いているメールも嫌われてしまいます。「で、何が言いたいの?!」と彼女の怒りを引き出してしまうかもしれません。地道に紡いできたせっかくの出会いがこれで一気に崩壊してしまうこともあります。また長文と似て非なるものかもしれませんが、詩を書いたような「ポエムメール」もNGです。彼女が自分にはまっていない、時期尚早なときは気持ち悪がられるだけでしょう。基本的には、簡潔かつユーモアを入れたメールが好まれるようです。

■弱音、愚痴、陰口の「ネガティブメール」
ガールズトークには愚痴や悪口がつきもの…そんなイメージもある女性ですが、男性が同じことをしていてはいけないようです。やはり男性であれば、「潔く・かっこよく」いなければ彼女も振り向いてくれません。たまに見せる弱さは母性本能をくすぐるかもしれませんが、そのためにも逞しい男性でいなければなりません。やはり基本的に男性のネガティブなメールは控えましょう。

男女のホンネ教えちゃいます!彼女の心を引き寄せるメール > 絶対NG!!なメール