デートに行きたいと思わせるメール

2014.12.31

メール

【共通項を見つけ出す】
気になる彼女との出会いを前に進め、親密になるためにはやはりデートをしないと始まりません。特にお酒が入ればその距離は近づき、最初のデートでいきなり進展ということもありえます。ですが女性というのは、下心丸見えの直球のお誘いには乗ってきません。まずは丁寧なお誘いのメールをしなければなりません。そうなると、やはり大切なのは最初のデートに誘うためのメールなのです。

そこでポイントになるのが、お互いの共通点を見つけることです。ビールとワイン、あるいはお肉と魚で、どちらが好きか。実際は本当に好きなことが共通していないといけないということではなく、彼女の好みを見つけるためのメールを最初に送ります。

つまり、リサーチメールなのです。ただしリサーチを幅広くかけ過ぎてしまうと、自分の知らない分野や領域に入ってしまうこともあります。そのため、送るのは簡単な質問のメールで良いでしょう。お酒を飲める彼女なら「いっつもお酒何飲むの?」と聞いて、そのあとにどの辺りで遊ぶことが多いのかをリサーチします。その結果を受けて、「僕もよくそこら辺で遊ぶんだよね。じゃあ、今度飲みに行こう!」と自然に話を転がしていくのが良いかもしれません。基本的にはビールやワイン、お肉も魚も野菜もどこのお店にもあるので、彼女の好みを聞いた上で、あたかもチョイスしましたという感じに「自分が良く行くお店があるからそこに行こう」とメールします。そうすれば、まず彼女から「NO」とは言われないはずです。

さらにステップアップをして、先を見据えることも可能です。彼女がすでに乗ってきていれば、最初のお店に行った後に「いつもどこにいくの?」と聞いても良いでしょう。barに行くのか、カラオケに行くのかなど。それがわかっているだけでも、最初のお店の後の行動がイメージし易いですよね。実際には共通項はたくさんありますので、それを聞き出す道筋が見え、自分なりのデートへの誘い方がわかり始めると、毎回その「得意の形」に持っていけるようなメールができるようになるでしょう。

男女のホンネ教えちゃいます!彼女の心を引き寄せるメール > デートに行きたいと思わせるメール