最新記事

割れたハート

2018.11.08

あなたが選んだ相手

パーティーや街コンなど出会いの場に積極的に参加し、運命の相手を探しているという人はいるでしょうか。恋活に積極的なのはいいですが、「運命の相手」という言葉には、本人はそう意識していなくても「最初からうまくいって、何もしなくても幸せになることが決まっている相手」というイメージを抱いてしまっている、そんなケースも珍しくないものです。

対の指輪

2018.10.22

運命の相手とは

「初めての出会いの瞬間、運命を感じた」なんてエピソードを聞くとロマンチックに聞こえますが、果たして「運命の相手」とはどんな人なのでしょうか。そもそも「運命」とは人の意思を超える力を指す言葉です。自分の意思が介在しない状態で眼の前に現れた相手を「運命の相手だ」と喜び、愛するのは本当に自分の心なのでしょうか。

手を繋いでデート

2018.10.02

感情コントロールでマンネリ脱却

付き合い始めたばかりの恋人同士はラブラブです。相手の顔を見るだけでうっとりと陶酔し、その声を聞くだけで幸福感に包まれ、どれほど長くてオチがないつまらない話でも、恋人の言うことならウンウンと相槌をうち、親身な態度を続けることなんて朝飯前でしょう。しかし、誰でも付き合いが長くなると、当初のような浮き足立った状態は落ち着くものです。

イライラする女性

2018.09.18

イライラや憂鬱

人間、誰でも特に理由がないのに、なんとなく気分がすぐれない時もあるでしょう。職場や道端などで嫌な人に出会い、イライラしてしまったり、失敗して落ち込んだりする日などもあるはずです。そんな不機嫌を恋人がうまく察してくれれば問題ないですが、相手がそれに気づかないと、些細なことから大きな衝突やすれ違いに発展してしまうかもしれません。

悲しい女性

2018.09.06

フラれてしまった悲しみ

大好きだった恋人にフラれてしまったら、あなたはどんな感情を抱くでしょうか。まずは、「こんなにも恋人のことを大事に思って、深い愛情を捧げてきたのに、なぜ恋人は自分の気持ちを拒絶するのか」「なぜ自分の深い愛情が理解できないのか」と怒りが湧いてくるかもしれません。

燃えるハート

2018.08.30

嫉妬

世のカップルが恋人に抱く感情の中で、1番扱いに困るのは「嫉妬」ではないでしょうか。「自分以外の異性と話さないでほしい」「友達と自分とどっちが大切なのか」「デート中に仕事の電話に出るなんてあり得ない」「異性の連絡先をスマホから消して」など、交際相手に自分だけの特別扱いを求めてしまう気持ちはある意味仕方ないことですが...

ドミノを途中で止める

2018.08.15

「好き」だからこそ冷静に

恋愛において、相手を大切に思うのは素晴らしいことです。しかし、相手を好きだという気持ちが暴走してしまうと、つい見えなくなってしまうのが相手の気持ちです。「少しでも長く一緒にいたい」と、恋人の家や職場、学校まで迎えに行ったり、送っていったりする人もいるでしょう。

ハートを持つ男性

2018.07.24

紹介で大切な誠意とマナー

人と人の出会いの機会、縁や運というものは、ただ待っていても降ってくるものではありません。恋人がほしいなら行動が必要不可欠なのです。しかし、仕事が忙しくて飲み会やイベントなどには参加できない人、イベントには行けても短く限られた時間内では相手の人となりがわからなくて付き合えないという人もいるでしょう。

ピースがハマる

2018.07.19

一からやるよりも高確率

「恋人が欲しいと思っているのに、出会いの機会に恵まれない」という人は、知人や友人に紹介を頼んでみてはいかがでしょうか。「紹介してもらうと、なにかと気を遣うから」という人もいるかもしれませんが、実は、紹介にはとても大きなメリットがあるのです。それは、事前マッチングができることです。

悩む

2018.07.05

気を遣うポイントを間違えないで

出会い系サイト、合コン、婚活パーティー…数々のチャンスがありながら、なかなか縁に恵まれないと悩んでいないでしょうか。それなら思いきって、友人知人に紹介を頼んでみるという手もあります。そもそも出会いは時の運であり、一人で待っているだけではなかなか訪れないものです。どうしても恋人が欲しいなら、伝手を頼るのも悪くないでしょう。

男女のホンネ教えちゃいます!トップページ